1. HOME
  2. ブログ
  3. とある感動。

とある感動。

ケアマネジャーとして関わっている方は
一人暮らしの男性で、認知症を患ってみえます。
35年前に離婚をされ
当時12歳の娘様がいましたが、
そのまま分かれてしまいました。

ご本人様の状況を伝えるべく親族を捜し娘様と連絡先がわかり、
連絡をとったところ、
娘様もお父様のことを心配されていました。

ご本人様もその後徐々に
認知症が進行しいろいろな事がわからなくなってきました。
そんな中、ご本人様が入院しなければならなくなり、
娘様へ連絡をとりご本人様と約35年ぶりの再会を果たした時です。
人の顔・名前をほとんど覚えていない方でしたが、

娘様と再会したとたん大粒の涙を流され、

娘様の名前をはっきりと答えられました。

自分の子供の存在は何年たっても、
そして認知症になっても
かけがえのない存在なんですね。

私も思わず涙を浮かべたのを覚えています。

その後、残念ながらご本人様は亡くなられてしまいましたが、

娘様に看取られて逝かれました。
本人の人生において少しでもお役に立てたことを感謝しています。

関連記事